白とピンクのハイビスカス

ご存知な方も多いハイビスカスですが
南国で大きな花を咲かせる観賞用とハーブティ用では種類が違います。

ハーブティとして使用するのはハイビスカスローゼル

 

農園にも去年とった種で育てたローゼルがあり今年も収穫できました。

そのハイビスカスローゼルには、ピンク花と白花があります。

 


ピンクはとんがった葉っぱ。

 


白は丸みを帯びた葉っぱ。

 


咲き終わるとどちらも同じように赤い実ができます。

 

 


収穫したハイビスカスローゼルは赤い部分を取って乾燥。
この赤い部分はハイビスカスの花ではなくガクなのです。
指先がハイビスカスローゼルエキスで真っ赤になってきます。

 

 

 


乾燥できたらハーブティとして加工。
クエン酸たっぷりで疲れ知らずのハーブティ

 

 

 


そして種もしっかり保管。

来年もまた立派な苗に育つといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です