マロウブルーの収穫

真夏のような青空の下、
背丈より伸びたマロウブルーは次々と花を咲かせます。


後ろある木はティーツリー。ふわふわの白い花を今年も咲かせました。

茨城県でもいよいよ梅雨入りということで

「お天気なうちに収穫だ!」

と意気込みましたが・・・。暑いー!


バテバテになりながらの収穫です。

摘んですぐに乾燥させます。

1週間後

乾燥させるとピンク色の花がきれいな紫色になります。

マロウブルーについてはこちらまで
http://gh-koyama.co.jp/contact/

マロウブルーを使ったハーブティ
https://gh-koyama.co.jp/shop/2018/12/17/%e5%a4%9c%e6%98%8e%e3%81%91%e3%81%ae%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%8c/

農園で栽培しているラベンダー

☆農園で栽培しているラベンダーのご紹介☆
(種類は2020年4月18日現在の情報です。)

価格¥200~(税抜き)
サイズや年数によっては変わります
御入用の方は下記よりお気軽にお問い合わせくださいませ^^

お問い合わせ

【アボンビュー】

【エンゼル】

【キューレッド】

【フェアリーウィング】

【スィート】

【マーシュウッド】

【ラベンダースーパー】

【ボゴン】

【ヘルムスダール】

などなど。
上記以外にも種類があります^^

 

 

 

白とピンクのハイビスカス

ご存知な方も多いハイビスカスですが
南国で大きな花を咲かせる観賞用とハーブティ用では種類が違います。

ハーブティとして使用するのはハイビスカスローゼル

 

農園にも去年とった種で育てたローゼルがあり今年も収穫できました。

そのハイビスカスローゼルには、ピンク花とクリーム色の花があります。

 


ピンクはとんがった葉っぱ。

 


白は丸みを帯びた葉っぱ。

 


咲き終わるとどちらも同じように赤い実ができます。

 

 


収穫したハイビスカスローゼルは赤い部分を取って乾燥。
この赤い部分はハイビスカスの花ではなくガクなのです。
指先がハイビスカスローゼルエキスで真っ赤になってきます。

 

 

 


乾燥できたらハーブティとして加工。
クエン酸たっぷりで疲れ知らずのハーブティ

 

 

 


そして種もしっかり保管。

来年もまた立派な苗に育つといいなと思います。

コリアンダーの花はどんな味?

独特な香りが特徴のコリアンダー。
農園では白くてかわいい花が咲いています。

その独特な香り故、好き嫌いがわかれますが、
さて、花はどんな味がするのかしら。


食べてみました。
摘みたてそのまま新鮮なコリアンダー。
爽やかで少し甘味があるような味。
あの香りも葉よりは全然弱く感じました
サラダのトッピングなどに使えそうです^^

☆直売情報☆11月の今が植え時!玉ねぎ「慶」

11月が植え時の玉ねぎ。
今回販売している品種は「慶」

●中生種。特に優れる貯蔵性育てやすい!
●首の締りが良く病気に強い
●貯蔵中、貯蔵後も甘みが強く食味が良い

ということで人気の玉ねぎです。

※販売は1苗からしております。

※価格(税込)
1苗     10円
100苗  900円
200苗 1600円

中間地・暖地では6月上旬ごろが収穫時期。

直売所はこちら☆

 

 

 

 

ローズヒップの収穫🍒

スッキリとした青空の中
ローズヒップの収穫ができました。


ローズというだけあって、とにかくトゲトゲが凄いです!
ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」と言われ、ハーブティでも色々と使われています。国産のローズヒップはなかなかないので、あちこちトゲに引っかかりながらも頑張って収穫です^^

 

 

収穫したローズヒップは実をハサミで割り、中の種を取るのですが、
種は産毛のようなものに包まれていて、その産毛が皮膚につくとチクチクと痛みを伴うかゆみを発症するので要注意!!
トゲにやられらり産毛にやられたりで、ローズヒップの実を使用できるようにするまでは結構大変です。